仲介と買取で異なる費用や買主

旭川市で不動産売却を業者に依頼

「旭川市で不動産の売却をしたいけれど、具体的にどのように進めたらよいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?先ずは、不動産の売却方法の種類とその違いを知ることが大切です。不動産の売却方法は、大きく分けて「仲介」「買取」「個人間売買」の3種類があります。不動産売却で失敗しない為にも、それぞれの売却方法の特徴を知っておきましょう。

 

こちらでは、不動産売却の種類とその内容の違いについて詳しく解説していきます。「ご自身にとってどの売却方法を選択するのが良いのか」「ニーズに見合った売却方法はどれか」など、旭川市で不動産売却についてお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

旭川でマンション売却・戸建て売却・土地売却はイエリノまで

旭川市で不動産売却をご検討中の方へ、不動産売却方法をご紹介

不動産売却方法は大きく分けて「仲介」「買取」「個人間売買」の三種類です。それぞれの特徴をご説明します。

3種類の売却方法

仲介 不動産業者に不動産売却を依頼して、買主を見つけてもらう売却方法です。成約になりましたら仲介手数料が成約価格に応じて発生します。
買取 不動産買取会社が不動産を買い取る方法です。仲介より安い価格で成約になる可能性がありますが、すぐに現金化が可能です。
個人間売買 不動産業者を通さずに個人同士が直接売買取引を行う方法です。親しい人同士での売買は安全とも限りませんので、個人間でも契約書などを用意する必要がございます。
不動産売却のポイントについて

札幌市で不動産売却をご検討中の方に、仲介と買取の違いをご紹介

買主や費用面など、不動産売却における仲介と買取の違いについてご説明します。

仲介と買取の違い

買主 仲介の場合は、不動産会社を通して不動産を売り出し、買主は個人です。買取の場合は、不動産業者が直接買取を行うので、不動産の買主は不動産買取会社です。
売却期間 買取の場合は、不動産業者が買主になる為、早期の不動産売却が可能です。仲介は買主が見つかるまで待つ必要があり、一般的には1~6ヶ月ほどかかると言われてます。
成約価格 仲介における不動産売却は、その時の相場に近い価格で売れる可能性が高いです。買取の場合は、仲介よりも売却価格が安くなる傾向です。買取価格は、市場価値の60~80%ほどが目安となります。
費用 仲介の場合、営業や広告活動などを任せることになるので、仲介手数料が発生します。仲介手数料の目安は、不動産の売却価格の3%くらいを想定しておいた方がよいでしょう。買取の場合は0円です。

旭川市の不動産売却について

不動産売却

旭川市の不動産買取について

旭川で不動産買取はイノベーションホーム

旭川の不動産売却は「イエリノ」(株)イノベーションホーム

旭川の不動産会社はイノベーションホーム

旭川土地売却戸建て売却マンション売却

不動産査定会社「イエリノ」

株式会社イノベーションホームまでご相談下さい

旭川で不動産の賃貸、戸建て、土地、中古マンション情報は不動産会社「イエリノ」株式会社イノベーションホームまでお任せ下さい。土地と戸建、マンションの査定も行ってます。また早期に不動産を手放さなければならない方も、当社にて建物と土地、マンションの買取も行っております。住まいのトータルアドバイザーの㈱イノベーションホームまでご相談ください。