土地売却の一般的な流れと必要書類

旭川市で土地売却をご検討の方へ

土地売却を行うにあたって、売買取引完了までの流れについて必要書類はご存じでしょうか?土地売却の完了まで短いものではありません。土地の査定から始まり、購入希望者との交渉、必要書類の提出などがあります。

 

こちらでは、土地売却をする際の一般的流れと、土地売却における必要書類についてご説明します。旭川市で土地売却をご検討の方はぜひご参考にしてください。

土地売却の一般的な流れ

不動産売買で必要な諸費用と書類について

土地売却の流れは、札幌市に限らずどの地域でもほとんど共通していますが、最初に行うのは土地の価格相場の調査から土地の査定です。土地の測量や境界測定などが行われ、おおよその売却価格が提示されます。その価格が相場通りかどうかを確認する為に、査定は複数の業者に依頼するのが良いでしょう。

土地査定を行ったら、その査定会社から売却を依頼する業者を決めます。この際、査定額だけで業者を選ぶのはオススメできません。査定額の根拠を確認し納得できる不動産会社を選びましょう。

 

選んだ会社と媒介契約を結んだあとは土地を売り出しです。購入希望者は現地で土地を確認し、気に入れば売買交渉へと進みます。話がまとまれば売買契約締結です。土地を引き渡す準備をし、期日を決めて決済・土地の引き渡しを行うことになります。

土地売却の一般的な流れ

不動産登記権利情報について

登記済権利証

一つ目の書類は、登記済権利証または登記識別情報になります。

この書類は、登記名義人がその物件の所有者であることを証明するものです。この書類を登記申請する司法書士に渡し、移転登記を行うことで所有権が買主様へ移転します。

固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

2つ目の書類は、固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書です。納税通知書は、売却する際固定資産税を精算するために必要となり、評価証明書は所有権移転登記の際に必要になります。

土地測量図・境界確認書

3つ目は土地測量図・境界確認書です。こちらはどこからどこまでが売却の対象となるのか、隣の家との境界線はどこなのかを明確にする為に必要となる書類です。また売買契約を締結した際、物件を引き渡すときに売主様が準備しなければならない書類として、本人確認書類が挙げられます。これは売主様の本人確認のために必要な書類で、運転免許証やパスポートなどが該当します。

 

その他、実印や印鑑証明書、銀行口座がわかる通帳なども必要です。印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のもので、売却代金の振込み先として売主様の銀行口座がわかる書類が必要になります。更に住民票が必要になることもあります。例えば、旭川市で土地を売却しようとするとき、現在は登記簿に記載された住所とは違う住所に住んでいる場合などが該当となります。

旭川市の不動産売却について

不動産売却

旭川市の不動産買取について

旭川で不動産買取はイノベーションホーム

旭川の不動産売却は「イエリノ」(株)イノベーションホーム

旭川の不動産会社はイノベーションホーム

旭川土地売却戸建て売却マンション売却

不動産査定会社「イエリノ」

株式会社イノベーションホームまでご相談下さい

旭川で不動産の賃貸、戸建て、土地、中古マンション情報は不動産会社「イエリノ」株式会社イノベーションホームまでお任せ下さい。土地と戸建、マンションの査定も行ってます。また早期に不動産を手放さなければならない方も、当社にて建物と土地、マンションの買取も行っております。住まいのトータルアドバイザーの㈱イノベーションホームまでご相談ください。